MENU

引越しを最小限の費用で済ます為に最初にやりたいこと

引越しを最小限の費用で済ますために真っ先に取り組んでほしいのが荷物の整理です。今後使わない物を可能な限り処分し新居へ運搬する荷物を最小限に抑えれば相対的に費用も安くなります。

 

自分で荷物を運ぶにせよ引越し業者に依頼するにせよ、荷物が最小限であれば様々な面で費用を安く抑える効果があります。

 

なんだ当たり前じゃなかと思わないでください。数多くの引越し現場を見てきた私ですが、荷物の整理が終わりきらずにゴミっぽい物をとにかく運んでくださいとお願いされたことは何度も経験しています。

 

引越し前は各種手続きや荷造りだけで荷物を整理する暇もないという人が多いのです。それを回避するためにはとにかく引越しが決まったら早く行動するしかありません。

 

さて荷物の整理と一口に言っても様々な方法があります。ここでは最小限の費用で済ますことができる方法をご紹介します。

 

↓見積もりを比較して最小限の費用の引越し業者を見つけよう↓

 

リサイクルショップで買い取りしてもらう

比較的新しい家財道具であっても新居の雰囲気に合わなかったり、結婚により1人分の家財道具が要らなくなるケースもあります。

 

購入して間もない物であれば、リサイクルショップで買い取りしてもらうのが手っ取り早い方法です。

 

メルカリやヤフオクなどを利用して販売するのも一つの手でしょうが、後者の場合は引越し日に間に合うことが必須条件です。

 

知人やネットを通じて譲る

購入してから日時が経っている物は買取してもらうのは難しいかもしれません。そんな時は知人やネットを通じて譲ってあげるのも一つの手です。

 

自治体にせよ不用品回収業者にせよ、最近では不用品の引き取りにそれなりの費用が掛かるのでまだ使えるものであれば無料でも譲った方が良いと思います。

 

無料回収業者を活用する

最近では故障している物であってもエアコンやテレビなどの家電を無料で回収してくれるような業者があります。許認可を得ている業者であることが前提ですが本来費用が掛かるところを無料で処分してもらえるのは大きな魅力です。

 

あなたが処分したい物を無料で引き取ってくれる業者がないか検索してみましょう。

 

本来費用が掛かる荷物の処分もサービスを有効活用すれば最小限で処分することができます。減らしたい荷物がたくさんある人は、ぜひ上記のサービスを使ってみましょう。

できることは自分でする

荷物を最小限まで減らした後は、その荷物をどうやって引越しするかという問題があります。

 

一番安く済むのは自分でできるだけすることですが、荷造りや開梱は当然として運搬自体はやり方次第ではかえって高くつく可能性があります。

 

最近では引越し業者の相場も下がっており、レンタカーを借りるくらいであれば業者に頼んだほうが安くなることも多いです。

 

また、知人に手伝ってもらった場合はお礼(食事を含む)や荷物や家屋の破損に対する問題もあります。

 

自分でするとしたら運搬ができる車両を所有して知るか無料で貸してもらえる場合に限った方が良さそうです。手伝いに関しても引越しのアルバイト経験がある人優先で声を掛けた方がトラブルもなく作業もスムーズに進むと思います。

複数の引越し業者による合い見積もりを行う

引越し業者の相場が下がっていると言いましたが、それもきっちりと値引き交渉をした時の料金です。最小限の見積もりを得る為には複数の引越し業者による合い見積もりは必須です。

 

引越し業者によって見積もり料金に数万円の差があるなんてことはざらにある話なので、最小限の費用に抑えるためにもできるだけ多くの業者から見積もりを取ってください。

 

とは言え複数の引越し業者を見つけるだけでも大変です。手っ取り早く合い見積もりをしたいなら一括見積もりのサービスを使うのが便利です。

 

あなたの条件を一度入力すれば、対応する地域の最大10社の引越し業者に自動的に見積もり依頼されます。引越し費用を最小限で済ませたいならぜひ利用してください。

 

暇な日を選ぶ

荷物量や合い見積もりとともに引越しの見積もり料金に大きな影響を与えるのが引越し日です。選んだのが引越し業者が暇な日であれば最初から激安の見積もりを提示されるかもしれないし、忙し日であれば驚くような高額な見積もりの可能性もあります。

 

日程によっては2倍や3倍といった料金差もあり得るのが引越し業者の見積もりなのです。暇な日さえ選べばレンタカー代よりも安い料金で引越し業者へ頼むことができるかもしれません。

 

最小限の引越し費用を目指しているあなたは、業者が暇な日を選んで値引き交渉をしてみましょう。

 

もし、暇な日を選んでも目標となる額に届かなかったり、日程を変更することができないならトラックの到着時間によって、さらに値引きを引き出す方法があります。

 

引越しは午前中に済ます方が人気があります。半日で終わる現場であるという条件が付きますが、お昼から作業を開始する午後便で契約することで午前便より安い見積もりを提示してくれるはずです。

 

単身引越しの場合は、一日に2件以上の引っ越しができるので到着時間を業者任せにするフリー便が安くなります。

 

午後便、フリー便ともに遅刻によって作業完了が遅くなる危険性を秘めていますが、少しでも安くしたいなら活用できる方法です。

 

最小限の引越し費用を目指してできること

最小限の引越し費用に抑えるためにはできることはまだまだあります。ぜひ以下の方法を参考にして少しでも費用を安くしましょう。

 

大きな荷物のみ引越し業者に依頼する

レンタカーを借りるくらいならとは言いましたが、例えばミニバンなどの乗用車をお持ちであればダンボールや小物類は自分で運ぶことだって可能なはずです。

 

大型家具、家電などの大きな荷物のみを引越し業者に依頼すれば、荷物量が減った分だけ安い費用で済ますことができます。ただし、ダンボールと言えども書籍などの重い荷物が多いお宅の場合は大変です。

 

ご自身の体力を考慮して業者へ依頼する荷物を決めましょう。

 

荷造り用のダンボールを自分で集める

ほとんどの引越し業者が契約すれば荷造り用のダンボールをプレゼントしていますが、1枚1枚の単価は意外に高く何十枚ともなると大きなコストになっています。

 

もし「自分でダンボールは集めるから要らない」というお客様がいたなら値引き交渉に応じてくれる引越し業者もあるでしょう。引越し用の不向きなダンボールの場合は、かえって作業が遅くなる危険性がありますが、もし自分で集めることが簡単にできるなら試して欲しい方法です。

 

一人暮らしは単身パックを使ってみよう

最近では、一人暮らしの荷物量にぴったりな単身パックを提供している引越し業者が増えています。2t車を満載にするほどでもない荷物の場合は、割安な費用で引っ越しすることができるので条件に合った人に取ってはおすすめです。

 

単身パックと言いましたが、引越し業者によって名称が微妙に異なっている場合があります。例えばシングルプランや単身サービス等、基本的に一人暮らし向けのプランという点では同じですが、運べる荷物量に微妙な違いがあるので、自分の条件に合った引越し業者のサービスを見つけるのが最小限の費用で依頼するうえでも大切です。